カルネを利用できる条件

海外に旅行やホームステイ等をする場合、一時的に訪問先で自動車の運転を検討したい場合があるはずです。そういった場合にカルネは、その国での一時輸入の通関手続きを簡素化できる書類のことを言います。
カルネを利用することが出来る条件には幾つかの条件があり、一つ目には車両が日本で登録されており、車検が切れていないことです。二つ目には必ず日本に持ち帰ること、三つ目にはカルネ上の名義人が海外に渡航して利用すること、四つ目には滞在国の持ち込み期限がその国が定めた期限を越えない事です。
なおカルネの利用できない条件としては、1カ国に1年以上滞在し駐在などの仕事で海外に行く場合、外国に住民登録を移す、車両を現地で売却したり、自家用以外で使用したり、本人が海外に渡航しないことです。その他にもカルネが利用できない国もあるので注意を要します。
ちなみにカルネの有効期間は、1年間と定まっております。外国を幾つもの国に渡って旅行する場合や1カ国に短期滞在、自動車のモータースポーツなどの競技会に参加する場合に利用することが出来て、非常に便利です。
アフリカから中東アジア、オセアニア、南北アメリカの国々等で利用できますが、実際に利用することが出来るかについては、事前に訪問予定の大使館に問い合わせを行ってみることが必要です。

コメントは受け付けていません。