カルネ使用終了後の返却方法

自家用車を海外で走行したいとき通関手続きが必要です。自動車カルネは日本で申請をすれば、輸出先となる相手国で申請手続きをしなくても良い書類のことを言います。カルネが利用できる条件は、自家用車を日本国内で登録したときです。海外で登録した自家用車はりようすることができません。日本へ必ず再輸出できることも滞在国の持ち込み期間が過ぎないことも条件です。もちろん車検が切れていないことも条件です。カルネを利用する方本人が海外へ輸出することも条件になります。カルネで登録した場合有効期間は1年となっているため、有効期間満了日までに相手国から日本へ再輸出しなければいけません。海外から日本へ自家用車を再輸出した時もカルネを返却する必要があります。このような場合、申請元のJAFへ返します。カルネの返し方は、事前にJAF窓口へ電話する必要があります。連絡先はJAFの専用ホームページまたは会員証で確認する事が出来ます。カルネを返すと、JAFで使用状況を確認したり預り金を利用者へ返してくれます。これは万が一海外で何かトラブルにあった時にJAFへクレーム処理預り金として渡しておくものです。場合によって、預り金は一定期間JAFで預かることもあります。

コメントは受け付けていません。