自動車カルネってどんなもの?

mobile01_m
自動車カルネは、「自動車通関手帳」ともよばれるもので、「自家用自動車の一時輸入に関する通関条約」という国際条約に基づき、自動二輪を含めた自家用自動車の輸出入通関手続を簡素化して免税扱いとし、海外旅行などを円滑に進めるために発行される書類のことです。
この書類があれば、海外旅行などのために一時輸入された自動車は、相手国に登録する必要はなく、日本の自動車登録のままで外国国内を走行することが可能になります。ただし、日本での運転免許や自動車登録が失効している場合にはカルネを用いることはできません。また、有効期限は1年以内となっており、利用者は、カルネの有効期間内に必ず自動車を持ち出す義務があります。そのため、現地で自動車を売却する予定がある場合にはこの書類はできません。さらに、持ち込む自動車を報酬や謝礼を得て運送の業務に用いることは、それが主目的ではなくても認められておらず、あくまでも自家用の範囲で使用しなければなりません。
日本では日本自動車連盟(JAF)がこの書類の発行手続きを取り扱っており、海外旅行のほか、日本人が海外での自動車競技(モータースポーツラリー)に参加するのにもよく用いられています。

コメントは受け付けていません。